障害者雇用が低いと | 障害者雇用におけるサポートは多くの企業で行なわれています

障害者雇用におけるサポートは多くの企業で行なわれています

安心する人

障害者雇用が低いと

雇用が満たなければ

障害者雇用は労働法で多くのことが定められていますが、その取り組みの中の1つとして納付金制度があります。
この制度の場合は、法定児湯下津に満たない場合、企業の規模に応じて月で障害者雇用不足1人当たり4万円から5万円の支払いが命じられます。
納付したお金は法定の雇用率を満たす企業に助成金として支給されます。
その助成金も、法定雇用率を満たして、さらに多くの障害者を採用したのであれば1人あたり2万円以上の助成金や調整金をもらうことが可能です。
このような取り組みを行うことによって、安定的に障害者雇用を促進させることができます。
もし障害者で就職や転職を考えているのであれば、より積極的に障害者雇用を行っている企業を選ぶと良いでしょう。
そういった企業であれば、障害者に対する手厚いサポートやフォロー、教育もしてくれる場合があるので、より快適な環境で働くことができます。

ハローワークが指導

現在障害者雇用について企業側や障害者側からまで指導を行っているのがハローワークです。
障害者側に対しては、就職に対するアドバイスや、職業能力開発校を通して具体的な指導を行っていきます。
障害者雇用が低い企業に対しては、雇用を生む為の計画作成を命じたり、場合によっては特別指導を行ったりします。
ハローワークはこうした取り組みも積極的に行っているので、障害者と企業を結ぶ仲介役といえます。
障害者で、初めて就職活動を行うのであれば、ハローワークに足を運んでみるのが良いでしょう。

Copyright© 2015 障害者雇用におけるサポートは多くの企業で行なわれています All Rights Reserved.