法律で決められている | 障害者雇用におけるサポートは多くの企業で行なわれています

障害者雇用におけるサポートは多くの企業で行なわれています

安心する人

法律で決められている

労働法

これまで、障害者において就職することは難しいとされていましたが、今ではその考え方も大きく改善されています。
特に、国の労働法改正によって障害者雇用促進法というのが設定されました。
障害者雇用促進法では企業と障害者を対象として、障害者雇用の安定的な確保を目的としているので、それにおける様々な取り組みがされています。
企業側には雇用義務制度や納付金制度が実施されています。
こうした国の取り組みによって、多くの企業が障害者雇用について見直すようになっています。
この法律は定期的に見直しが行なわれているので、年々障害者側も就職しやすい環境になってきているといえます。

割合が決められている

法律によって、企業側もそこで働く従業員のうち、どのくらいの割合で障害者を雇用する必要があるか定められています。
民間企業の場合では、アルバイトや正社員に関わらず、全体の1.8パーセントと定められています。
その他の公共団体や行政に関わる法人団体、各都道府県の教育委員会では2パーセント程度に定められています。
このように、障害者雇用を数字でしっかりと定めることによって、企業側もどのくらいの人數雇えば良いのか簡単に分かるようになっています。
最近ではこれらの値を越えようと、企業側も様々な取り組みを行っています。
特に民間の就職支援サイトなどに募集の掲載を依頼したり、ハローワークを利用して募集を呼びかけたりしているので、障害者で就職を考えているのであれば一度支援施設に足を運んでみると良いでしょう。

Copyright© 2015 障害者雇用におけるサポートは多くの企業で行なわれています All Rights Reserved.